ネイルスクールに通ってネイル検定合格に近づこう

スクールに通うとネイル検定合格や就職に有利になる

ロゴ

ネイルスクールに通ってネイル検定合格に近づこう

ネイルチップ

プロとして働くなら資格取得しておこう

本来、ネイリストとして働くうえで必ず必要な資格はありません。しかし、資格を所有しているということは、「一定基準のスキルがある」と判断できるので多くのサロンが資格取得を重視しています。プロのネイリストを目指すなら、資格取得を目標に頑張るといいですね。

JNAネイル技能検定試験

この資格を持っていることで、正しい知識と技術をもっていることが証明できます。特に、1級は難易度が高いのですが、ネイリストになるならもっておきたい資格ですね。1~3級まであり、実技・学科共に100点満点のうち80点以上取ると合格です。

JNAジェルネイル技能検定試験

ジェルネイルを施すにあたって、必要な技術と理論を持っていると証明する資格です。ネイル技能検定と違い、ランクが初級・中級・上級となっています。こちらもサロンで働くなら、上級の取得を目指したいですね。

ネイリストに向いている人

ネイルに関してのスキルを持っているのはもちろん、細かな作業を集中して行うことができる人や、人を楽しませたいと思っている人に向いています。また、お客様と接するわけですから、笑顔で対応できないと務まりません。

近づくための努力も大事

いくつかあるネイル検定の中でも2つだけ紹介しましたが、ネイルスクールによって取得する資格は違うかもしれないので、他にどんな資格があるのか調べてみるといいでしょう。また、ネイリストに向いていないかもしれないと思った人も、努力次第で変われる可能性もあるので、諦めずに挑戦してみてもいいですね。

ネイルスクールに通うメリット

無駄なく学べる

ネイルスクールでは、検定を受けることを考えて、逆算したカリキュラムを組んでいます。そのため、検定に必要なことを無駄なく学ぶことができます。また、フットケアやエアブラシなど、検定とは関係なくてもサロンワークで使える内容を学ぶこともあります。

プロ用の道具が揃っている

ネイルに使う道具はもちろんプロ用です。講師の人もプロですから、道具やメーカーの知識を豊富にもっています。もし使ってみて、「ちょっと使いづらいかな」と思うときには、おすすめの道具を教えてくれることもあるので、自分に合う道具も見つけやすいですね。

目の前でプロの技術を見られる

自己流で勉強していると、目の前でプロの技術を見る機会が少ないですが、スクールに通えば細かな部分まで見ることができます。また、講師がいることで、自分の苦手な部分や足りない部分を克服するのもスムーズでしょう。

就職にも有利

スクールにもよりますが、スチューデントサロンを併設しているところでは、実際にサロンで行う仕事を体験することができます。そのため、実際に使える技術を前もって学ぶことができるのです。また、大手のスクールではそのままスムーズに就職が決まることもあります。

資格取得しやすい

テキストやDVDなどでは細かい部分を確認することができませんが、スクールでは細かい部分をゆっくりと見ることができます。課題点も見つけやすく、すぐに対策を取ることができます。そのため、自己流で勉強するよりも検定資格が取りやすくなるのです。